談話異聞録

Hegelを読む所長.

 以下は亀吾郎法律事務所の職員である吾郎と三郎の雑談.

三郎「吾郎ちゃん、ついに超越と脱出の話を書き終えたねぇ、大変だったねぇ」

吾郎「うむ、大変だつたな.話をどのように纏めるかが難しくてな.さぶちやんには随分助けてもらつた.ありがたう」

三郎「まだ自分で問題提起するシリーズは終わってないけどね.あれはどうなるのさ」

吾郎「勿論、構想を大いに練つてゐるところだ.もう少し自分の中で知識を受肉せねばなるまい」

三郎「どういう展開になるかちょっとだけ教えてよ」

吾郎「無論いいだろう.実は木村敏の考え方を御紹介するつもりだ.時間についての彼の洞察は見事と言わざるを得まい」

三郎「そんなにすごいのかぁ、楽しみだねぇ.そういえば事務所の掃除夫のことなんだけど」

吾郎「いつも吾輩の口述を文章化して投稿してくれる奴のことか.他にも彼奴は賃料を払う、税金を払つたり、人間界と折り合いをつけてくれるな.納付額を見て具合を悪くしたようで大丈夫なのか.いつも掃除は雑だが、甲羅磨きが上手くなつてきた.彼奴がどうかしたか、最近独逸製の合成食に飽きてきたと伝えてくれ」

三郎「段々読者の皆さんが増えてきて嬉しいって言ってたよ、僕もテトラレプトミンは飽きてきたよ.でも吾郎ちゃん、鶏むね肉とかお刺身の血合いのところ食べすぎて具合悪くなったことあったでしょ.掃除夫の奥さんが心配してるから駄目だよ、また入院したら大変だよ」

吾郎「ぐぬぬ.あれより上等なものが市販化されているではないか」

三郎「レプトミンスーパーのこと?あれ美味しいよね.エビの香りがしてさぁ.あれ食べるともとのレプトミンには戻れないよ、でも掃除夫は値段が高いから渋ってるんだって」

吾郎「そうか.だが彼奴等はこの前伊太利亜料理店に行つてStrangozziやTagliatelleなるパスタを鱈腹食べたと聞いたぞ、妻の方は仔羊の炙り肉を注文したそうだし、掃除夫は偉そうに豚肉の網焼き肉を食べて『この豚は間違いなく徳の高い豚だ!前世で大変尊い徳を積んだに違いない.豚への価値観が変わる大変な代物だ!』と変なことをほざいていたと」

三郎「変なことを言うのはいつもだよ.何かの一周年と納車三周年を記念して、ということらしいよ.法律事務所も一周年を迎えたらお祝いだね、僕らも車が修理から戻って来たらドライブ行こうよ、早く乾いた6気筒の音が聴きたい.なんでも新しいブレーキパッドがPAGIDなんだって?」

吾郎「よく知つているね.なんでも制動力と耐久力を兼ね合わせるようだ.金は掃除夫が払うと言つていた.吾輩は西日本の方へ行つてみたいなァ、温泉や神社仏閣、美術館、景勝地を巡つて心を揺らす体験をしたい」

三郎「吾郎ちゃんはそういうの好きだよね.僕は車のシートに包まれると固定力があって、いい意味で狭いから密閉感があって.車の中に入り込むというか一体感を感じるような.赤子が卵の中にいるような安心感ってのは言いすぎかもしれないけど、ほっとするんだ.エンジンが真後ろにあるからなのかな.幌を開けて風に当たるのもいいけど、雨音が幌を打つ音も好き.」

吾郎「さぶちやんはポエチツクなところがあるな、ドライブは雨でも楽しいのは同感だ、休みをとつて脱出しようか」