本を整頓するということ

Photo by Polina Zimmerman on Pexels.com

“To arrange your books on the shelves properly is a difficult task. If you arrange them according to their contents you are sure to get an untidy shelf. If you arrange them according to their size and colour you get an attractive shelf, but you may lose of the books which you want.”

A. A. Milne, Not That It Matters

 亀吾郎法律事務所は様々な要請によって読むべき書物が増えてきている.となれば蔵書すべき本棚が必要であって、刻一刻とその必要性は増している.弊事務所はカツカツなのだが、思い切って良い本棚を買って新たな空間を構成するのも良いだろうと考えている.さて、こんなことを言うと捕らぬ狸の皮算用と言われてしまうのだが、本棚を買ってからどのように本を配置しようかと思いを巡らせてしまう.そんなときに思い浮かぶのは上の文章である.簡素な文章だが恒久的に発生するであろう読書人の悩ましさを現している気がする.

 私なりの訳を下記に載せておく.

 「本を本棚にきちんと整頓することは難しい仕事である.本の内容に従って整理すると、間違いなく雑然とした本棚になるだろう.本の大きさや彩色に従って並べれば見栄えのする棚にはなるだろうが、手に取りたい本を見失うかもしれない」

 本は並べ替えができるが、本棚を替えることは基本的に無理なことである.というわけで、亀吾郎法律事務所は大枚をはたいて見栄えのよい書架を購入しようと思う.届いた暁には改めてブログに投稿する予定であるから、皆さんも事務所の一員となったつもりで楽しみにしていただきたい.

 そうそう、弊事務所に新しくラグを敷いた.ベルギー製のモカレンという模様のラグで、真緑のソファと程よい対照をなしていると密かに思っている.いつかご紹介できるかもしれない.

投稿者: 吾郎

2019年12月11日に事務所創設.法律以外の様々な問題を取り扱います.Office est. 11/12/19. Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities and sometimes roofless vehicles.

「本を整頓するということ」への2件のフィードバック

コメントを残す