北海道走行回想録

 以下は過去に妻と旅行に出かけたときの自動車短評です.あえて略語や略称を使っていますが、ご宥恕ください.

Photo by Kaique Rocha on Pexels.com

 いつだったか初秋にフェリーを使って北海道を訪れた.車両の前後に二人1週間分の荷物を積んでの旅行であったが、そこそこ重量感を感じる走行だった。自然吸気ゆえの立ち上がりを常に自覚する加速感であるが、今回はそれをより一層感じるものであった。かといって苦しそうな加速というわけではないのだが、普段使いの加速感をよく知っている自分としてはもう一声欲しかったのは正直なところである。しかしながら十分な働きをしてくれたのは事実で、幌を開けて20度くらいの気温で公道走行する分には風が凪いで心地良い。五感を刺激し決して速度だけが車を優越するものではないのだと気づかせてくれる。決して性能が悪いと言っているわけではない。細かい話をすると、PDKはグランドツアーには優れたシフトチェンジをした。加速が必要な時はキックダウンによって瞬時に2速まで落ち猛チャージによって、一気にスポーツカー足らしめる官能的な炸裂音を伴う。しかし、ある程度速度が達して満足すると、素早くオーバードライブになるべく7速に入るため、ある程度ギアを低く保つには積極的にパドルシフトでマニュアルにするか、スポーツモードで引っ張る必要がある。ガンガン走るのも元気がいるし、同乗者をのせてそんな走りをし過ぎても興が冷めるわけで、流石に緩急は必要だ。北海道にはいろは坂のようなタイトカーブが多いわけではなく、高速コーナーの方が多く、長いのでクロスレシオのギア比の車の方が総合的に良い。ボクスターはその辺、ケチのつけようがない。PASMを使用してみたが、推定100キロ増の車重ではすでにサスペンションは硬さをもっており、快適性が無駄に損なわれる可能性が高かった。北海道の郊外の路面はおおよそ不整であるために凹凸を拾い、ハンドルも流されるほどに敏感に路面状況を伝えてくる。決して車が悪いわけではなく、道路環境の劣悪さが大きな誘引だろう。したがって、今回の旅行ではアクティブサスペンションはほとんど使用せずノーマルライドでの走行を主とした。同乗者がいることも配慮してである。冷暖房やナビゲーションシステムの使いやすさは通常通りであった。レーダー探知機も有効活用し、一度ネズミ捕りに美瑛で遭遇した他はヒヤリハットすることはなかった。時代の潮流だろうが、煽り運転や煽られる運転に一層気を配る運転でもあった。風貌からはこちらが煽る側に立ちそうな装いなのだろうが、基本的に当方は流れに乗って適材適所で追い越しをかけるくらいだから至極真っ当な運転をしたように思う。

 かなり恐怖を抱いたのは日高峠の濃霧の中、登坂車線の追い越し側を一定の速度で巡航していたところ、一瞬にしてスイフトスポーツが後方視界に出現、よもや突かれるくらいの距離まで詰められていたことであった。酷く狼狽した、というか狼狽える隙もなく接近され、左から強引な追い越しを受けたのは衝撃であった。ポルシェがスズキに負けるなんて、という幼稚な次元ではなくて、優劣どころか、濃霧の夕方で視界不良な状況において極めて自己中心的な運転をするものがいるのかと思うと、いかに自分が気をつけていようとも事故が避けられない運命もあるのだと思った。ハンドルを握っているうちはこの恐れが付きまとうのだろうと感じるしかなかった。まして、これからの運転が一人だけではなくて、一緒に乗ってくれる人がいるものになるのだから尚更のことである。ボクスターの欠点は左後方視界の不良である。左からの接近が感じられにくいのである。ミラーでも死角が存在する。特に追越車線を走るときに左からの近接が生じると緊張感を感じないまま一寸先が暗転する可能性がある。よって、常に後方視界は気を配っている。走行の半分は後方確認といっても過言ではないくらいの配慮がいると思う。

 それ以外は心配なく時間が過ぎた。一足早い冬の訪れを肌で感じることができた。この時間が私だけのものではなく、一瞬一瞬を一緒に感じてくれた人がいたのは私の最大の喜びである。ボクスターでのグランドツアーを敢行するなら期間は1週間未満がベストだろう。パワーウェイトレシオの問題があるように思われる。SやGTSなら話は違うかもしれない。982ならではのターボだったら許容できるかもしれない。おそらく911やパナメーラの方が豪華で優雅に北海道を走行できるだろう。荷物も入るしパナメーラなら四人載せても一級の走りをするに違いない。しかし、私の身の丈にはボクスターで良い。決して速くないが、それ以上のものを感じることができると思う。異論はあるだろうが、この考えとそれに至るまで私たちが走ってきた時間は不可侵の領域である。

投稿者: 吾郎

2019年12月11日に事務所創設.法律以外の様々な問題を取り扱います.Office est. 11/12/19. Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities and sometimes roofless vehicles.

「北海道走行回想録」への4件のフィードバック

  1. 私は車のことはくわしくありませんが、たのしかったです。

コメントは受け付けていません。