課題はあと半分くらい

大学院課題4:2000年代以降、精神疾患患者の増大により向精神薬、特に抗うつ薬の市場は活性化しているが、一部の製薬会社は新規抗うつ薬の開発から撤退する動きを見せている.その理由を説明せよ.

Photo by Pixabay on Pexels.com

 各国で向精神薬の売上が増大することにより行政の財政を圧迫するほどの問題が生じたこと、同種薬の開発に対する批判が相次いだことが挙げられるが、最たる理由はモノアミン仮設を超えた新規抗うつ薬が標的とする分子同定が困難であることが考えられるだろう.他にも英国のように認知行動療法のエビデンスが蓄積され、抗うつ薬以外の治療法にも行政が目を向けるようになったことも指摘される.

投稿者: 吾郎

2019年12月11日に事務所創設.法律以外の様々な問題を取り扱います.Office est. 11/12/19. Our articles include essay, translation, study about literature, psychiatry(psychopathology), humanities and sometimes roofless vehicles.

コメントを残す