面白くもない課題

大学院課題1:単極うつ病に比較して、双極うつ病で見られることの多い臨床的特徴をまとめなさい.

Photo by Marcel Winger on Pexels.com

 単極性のうつ病では、薬物治療に抗うつ薬を用いることは通例であるが、双極の症例で抗うつ薬の使用は躁転、自殺、急速な発揚・焦燥を賦活する可能性がある.双極性の症例ではリチウム反応性を認める.双極うつ病をもつ患者には双極性障害の家族歴があることや、軽躁状態の病歴が含まれていることが多い.日本うつ病学会ガイドライン(2012年)によれば、双極性うつ病の鑑別は以下の5つ以上とされる.すなわち、

  • 過眠
  • 食欲亢進
  • 精神運動性の抑制
  • 精神病症状
  • 気分症状の不安定さ
  • 若年発症(25歳以下)
  • うつ病相の再発(5回以上)

一方で大うつ病は以下の4つ以上が参考となる.

  • 就眠障害、不眠
  • 食欲低下(体重減少)
  • 活動性の低下はみられない
  • 身体的愁訴
  • 25歳以上の発症
  • 6ヶ月以上の罹病期間
  • 双極性障害の家族歴なし

 これら臨床的特徴は大規模多施設研究(Perlisら、2006年)でのロジスティクス回帰モデルで双極性と単極性のうつ病を比較した際にも顕著であり、特に双極性障害の家族歴、過去のうつ病エピソードの数が多いことはオッズ比の示すところにおいても統計学的に有意である.

そんなにトバさなくてもいい

  ある日、妻と一緒に五浦海岸へ出かけました.天候は晴れ.有料道路と幹線道路を使って高速巡航すればおおよそ2時間で到着します.右から車が次々と我々を抜き去っていくことが多い速度でしたから急ぐことはありませんでした.

 五浦に着くと、磯の香りは湿った風に運ばれて、ここが海辺なのだと感じさせてくれました.少し歩いて高い場所から見渡すと、浦に打ち寄せる波とゴツゴツとした岩肌から聳える松の木、遠くの町並みと澄んだ空.海と空の境界はあまり気にならなくて、ただひたすら青い遠景が広がっていました.海沿いの小道を二人で歩いていくと、立派な門を構えた邸宅に、庭園、老舗旅館が立ち並ぶ静かな観光地といった趣で、手入れの行き届いていない雑木林は人気の少なさを感じます.我々が出くわしたのも老夫婦一組と犬の散歩する老女だけ.鶯がしきりに鳴いていました.鵯も.

決して都会ではないが、外はこんな薄暗さでした.

 久々にゆっくり周りの風景を見渡したような気がしました.風が凪いで草木がざわついて鳥が囀る、考えなくてもよくありふれた光景ですが、意識しないとこういう物音は気づかないのでしょうか.この日は意識させてくれるような場所だったからでしょうか.自分がただ意識しただけなのでしょうか.とても気分がよかったのは確かです.

 最後に天心の墓に二人で行きました.雑木林の中に空き地があってこんもりした丘がお墓のようです.つい最近誰かが手向けたであろう白菊がきれいでした.天心のことはほとんど知りませんでしたが、二人で手を合わせて帰ることにしました.少し陽が傾いて来ると、五浦の潮騒と斜陽の構図が似ていたからか、一人でニュージーランドに行ったときの景色を思い出しました.また戻ってこれたらいいですね、五浦もあの場所にも.

 帰路もゆっくり慌てず運転しました.7速で1500回転くらいか、ずーっと同じ速度で走るとびっくりするほどの燃費でした.二人なら退屈しませんね.サービスエリアで休憩して外から車を眺めると、なかなか景色に映える外観で、薄暗くなっていく空とぼんやり照らされる外灯が良い演出をする.車に乗り込んで同じ調子で進む.だんだんと見慣れた景色が戻ってきて、少し安心しました.いつもの場所で給油して帰宅.夕食を食べて、いつもどおり話をして寝ました.

 天心について興味が湧いたこと、トバさなくてもいいこと、外出もいいものだと.いろんな収穫のあった日でした.またよろしくお願いします.